医師の求人が常にある医療機関は注意が必要

常に求人がある医療機関は何かの問題を抱えている

これは多くの医師を常駐させると負担が多くなるのでレジデンスと呼ばれる研修医を多く雇用していたり、専門外の診療科目の患者を診察しなければいけないといったことです。
医療機関では患者数の増加に対して対応する人材が不足している状態が慢性化していて、特に地方都市になるとその状況は顕著になっています。
特に不足が目立つ産婦人科や小児科は閉鎖するところが増加していて、その対応で経験が乏しいレジデンスを使ったり、専門外であっても診察を行わなければいけないケースもあるでしょう。
このような業務は大きな負担を伴うだけであり、それが嫌で離職する人も多くなっています。
医療機関でいつ見ても求人があるという場合には何かの問題を抱えていると考えて間違いはなく、そのようなところで働いてもいい結果はえにくくなっているというのが現状です。

他にも求人がいつも出ているという医療機関では、シフトで担当者に負担を負わしているという場合が多くなっています。
これは規定の人数に足りないために現場にいる人に不足分を補っているという理由からであり、深夜勤務が恒常的にあったり、休憩時間が満足に取れないなどの事情が抱えている可能性が高くなっています。
勤務時間が長くなるとどのような業種であっても疲労が蓄積してしまい、それが医療機関であれば間違いが許されないというプレッシャーも加算されます。

医師として就職先の医療機関の選択は重要 | 常に求人がある医療機関は何かの問題を抱えている | 医療機関も厳しい環境で業務を遂行している現場は少なくない